輪郭形成術 エラ削り

エラ削り

四角に張ったエラをソフトなラインに

張り出たエラ(下顎角骨)を削り、角はったエラをソフトなラインにして輪郭を整える手術です。
正面から見ても、側面から見ても美しいフェイスラインを作り上げます。

前面

下顎角(エラ)に沿って、1cmの皮膚切開からのアプローチだけで、下顎角(エラ)を最大限に切除すると同時に、特殊な器具で下顎骨(エラ)外板を切除して
小顔に整えます。
手術では横に張っている部分だけでなく前方に突き出た部分も切除し削るため、小顔効果だけでなく
顔全体がすっきり細く、柔らかい印象になります。

“エラ削り”は、こんな方に最適です
  • 発達したエラのせいで、エラを隠す髪型しかできない
  • エラが張っていて、顔が大きく見える
  • 角張った輪郭を女性的な卵形にしたい

→“エラ削り”手術症例はこちら

手術の流れ

術前検査

※手術のお申し込み時には下記の検査が必要です。

  • ・血液検査(HIV検査含む)
  • ・心電図
  • ・頭部レントゲン
  • ・胸部レントゲン

↓

来院

スタッフ・医師より手術のご説明をさせていただきます。

↓

手術

※約3時間程度

下顎角(エラ)に沿って、1cmの皮膚を切開しますが、手術痕は殆ど分かりません。
二人のベテラン医師によるオペ。
当院では、骨膜下を広く剥離して下顎角部をラウンドバーで削骨した後にオシレーティングソー
(骨切りの器具)にて広範囲に外板を切除します。
これにより同部の視野を広く確保可能となり、下顎角部を広く切除することが可能です。
術後の効果も側面からはもちろん正面からも変化が大きく良く分かります。

↓

手術後

当日帰宅可能です。
骨膜下剥離にて手術するために、神経や血管などを損傷する可能性もなく安全で腫れも僅かです。
通常入院は不要ですが、術後状態やご希望により1泊入院も可能です。

Before → After

手術前のデザイン

手術前のデザイン

頬骨・エラ削りの手術前(上段)と手術後(下段)

手術前と手術後

手術後の経過・注意事項について

固定 腫れの防止の為、最低3日間圧迫固定を行います。
抜糸 溶ける糸を使用する為不要ですが、医師の判断により2週間後に行うこともあります。

手術後の合併症の限界について

左右差
人の顔は元々左右非対称です。骨以外にも筋肉・皮下脂肪などの様々な要因の影響を
受けるため完全な左右対称を保証することは困難です。
また削れる量にも限界があります。
術後知覚障害
術後の知覚障害は経過とともに回復して来ますが、まれに長期に渡って残る可能性があります。
術後感染症及び術後血腫
術後稀に感染症や血腫を合併すると色々な処置が必要となる場合がありますし、腫れの回復が遅れることがあります。
切除した骨の長さ:8~10cm

咬筋肥大症の方は、ボトックス注射も効果的です

ボトックスを咬筋に注射することで筋肉の収縮を3~6ヶ月くらい弛緩麻痺させることで、筋肉を萎縮させて薄くする方法です。
効果には個人差がありますが、プチ整形として気軽にお受け頂ける方法です。



エラ削り手術を受けられる患者様にグッドニュース!

ドクターアンディーズクリニックのアンチエイジングプロダクツをプレゼントいたします。
毎月先着10名、エラ削りの手術を受けられる患者様には、200,000円分のドクターアンディーズクリニックのアンチエイジングプロダクツをプレゼントします。お問い合わせください。

  • Dr.アンディーズクリニック・ピックアップ・ニュース
  • lineat
    ライン@からお問い合わせ頂けます

03-3401-0720 受付時間:月~土10:00~19:00 祝10:00~18:00

輪郭形成に関するお悩みご相談ください。無料メール相談・ご予約受付中です

ご予約・お問い合わせ